味にクセはあるけれど女性の味方!

杏仁豆腐を中華レストランで注文すると、中央に赤い小さな実が乗せられていますよね。これはクコの実というもので、昔から生薬として用いられてきました。最近は美容やエイジングケアに効果のあるスーパーフード、ゴジベリーとしても知られています。クコの実の中にはビタミンCや各種ポリフェノールがたくさん存在しているので、高い抗酸化力で老化を防ぐことができるんですよ!目の下の皮膚のたるみやちりめんジワの増加などが気になったら、普段の食べているヨーグルトなどにクコの実をトッピングしてみてはいかがでしょうか。皮膚と粘膜の健康を守るうえで不可欠な存在である、ビタミンB1とビタミンB2もクコの実から摂取できます。肌が乾燥して荒れやすい時に、クコの実はいいかもしれませんね。ダイエットに役立つ成分としては、ベタインという成分があります。これは肝臓が脂肪をため込むことを防いだり、脂肪が体外に排出されるように促してくれるので、ダイエットサポート用に使ってみるのもおすすめです。

クコの実を食べる時はほどほどに

スーパーフードとしても認められているクコの実ですが、一度にたくさん食べるとおなかが緩くなることがあるので気を付けましょう。胃腸が弱い人や、下痢を繰り返しやすい体質の人は5粒程度にとどめておいた方がいいかもしれません。たくさん食べる場合でも、10粒くらいにしておいた方がいいですよ。また、女性ホルモンに働きかける作用もあるので、妊婦さんは出産後に授乳を終えるまでクコの実を食べるのは待ちましょう。

品川美容外科の告訴まとめサイト