女性の薄毛はいくつもの種類がある

禿頭は男性特有の症状と思われがちですが、実は薄毛に悩んでいる女性はたくさんいます。男性が禿げになる主な原因は男性ホルモンですが、女性の薄毛はさまざまな種類があり、原因も異なります。そのため、原因を突き止めて適切な処理としなければ改善しません。

女性の薄毛で多いのはびまん性脱毛症で、これは男性型脱毛症の女性版といったもの。男性ホルモンが原因となります。頭皮の異常が原因で起こるのが粃糠性脱毛症や脂漏性脱毛症です。これらを改善したい場合は、薄毛治療を専門とする医師に相談する必要があります。

しかし、クリニックにいかずとも治る見込みがある脱毛症もあります。それが分娩後脱毛症と牽引性脱毛症です。

自力で直せる薄毛の種類

分娩後脱毛症は、妊娠・出産を経てホルモンバランスが乱れたことが原因で起こる、一過性の薄毛です。これは時間が経つうちに自然と治りますので、心配しなくていいでしょう。

牽引性脱毛症は、常に髪を後ろで結っていたりエクステをつけていたりして、ずっと髪が引っ張られている状態にあると起こる脱毛症です。分け目をずっと変えていない場合もなることがあります。これは、頭皮の同じ部分に常に負担がかかることで毛が抜けるうえ、血行が悪くなって十分な酸素や栄養が届かなくなり、新たな毛が生えにくくなることが原因です。同じ場所への負担を無くせば良いので、髪型を変えるだけで改善が期待できます。頭皮のマッサージをして血行を促進させるのも効果があります。

ただし頭髪の毛周期は非常に長いため、髪型を変えてすぐに改善するわけではない点は注意しましょう。

品川美容外科の訴訟まとめサイト