塗るボトックスってどう使うの?

「塗るボトックス」と聞くと、何やら怪しげなイメージを持たれるかもしれませんが、肌にハリをもたらすことでしわを目立たなくすることができる成分が配合された化粧品のことなので、決して危険なものではありません。スペイン生まれのアルジルリンは植物由来の合成ペプチドですし、プロジェリンもたんぱく質の一種なんですよ。安心して肌に塗ってもいい成分として認められています。これらの塗るボトックスと言われている美容成分は、ジェルや美容液などの化粧品に配合されているので、普段のスキンケアと同じ感覚で使うことが可能です。洗顔をしてから化粧水を塗り、その後で塗るボトックス入りの化粧品をしわの気になる部位につけましょう。力を入れ過ぎず、優しくマッサージする感覚で塗り込んでくださいね。

アルジルリンやシンエイク入りの化粧品とは

アルジルリンは本物のボトックスと異なり、即効性はありませんが、乾燥でできた小じわや表情じわの改善と予防に効果を発揮してくれます。一か月くらい使い続けると効き目が出てくるので、急にしわが無くなったことでプチ整形をしたとばれることもないですし、ボトックスを使った時に一時的に眉毛が吊り上がるようなリスクもありません。医療技術に関する研究が進んでいるスイスが開発した人工成分のシンエイクは、アルジルリンの六倍のしわ改善効果があると言われています。副作用の心配もないんですよ。プロジェリンはコラーゲンやエラスチンを作る力を引き出す働きもあります。これらの成分が複数配合されている化粧品を使うのがおすすめです。

品川美容外科の判例について調べる