飲み物で体の内側から温める

温かい飲み物の中でも、より効果的に体を温めるものがあります。それがしょうがを含んだ飲み物です。しょうがには体を温める成分が入っていますし、さらに免疫力をあげる効果のある成分も含まれています。すりおろして紅茶に入れたり、しょうがシロップを作りお湯で割って飲んでみたりするとよいでしょう。のどの奥から体が熱くなるのを感じられる方もいます。チューブなどではなく、生のしょうがを使えばさらに香りも味もよいでしょう。

お肉や油をきちんと摂取する

ダイエットなどで野菜しか食べていないという方は、体の冷えに注意してください。なぜなら体の熱を作るのは、糖質、脂質、たんぱく質だからです。これらの栄養素を持った食物を食べないと、しっかり体の中で熱が作られず、体を冷やしていってしまいます。食事は体作りの基本です。体を温めたいのであれば、これらの栄養素を含む食物をしっかりととりましょう。レバーやマグロなど、血を補ってくれる食物が効果的です。

しっかりと湯船につかる

お風呂はシャワーだけで済ませてしまうという方もいることでしょう。しかし、体を温めたいのであれば湯船につかったほうがよいです。全身浴は血行促進につながります。また、湯船にしっかりとつかるということは、自律神経のバランスを整えるのにも効果的です。なぜ自律神経のバランスを整えるのが重要かと言うと、自律神経が乱れると、体の体温調節機能にも支障をきたすからです。保温系の入浴剤を使えば、さらに温かさを感じることも可能です。上手に活用してみましょう。

品川美容外科の死亡まとめサイト